再生医療
ホーム > 再生医療

セルグロース等、本格的な治療をご希望の方へ


細胞再生療法『CELL-GROWTH』

ご自身の元気な細胞を増やし、お肌にチカラを取り戻します。

再生医療とは自分の細胞を使って臓器や組織を再生しようという医療です。
CELL-GROWTH療法は、
ご自身の皮膚を採取してこの中から肌の若返りを促す細胞、
線維芽細胞(せんいがさいぼう)を培養(ばいよう)して増殖させ、
皮膚に注入することで、しわ、たるみを解消する最新の治療となります。

線維芽細胞(肌細胞)とは、皮膚のハリや弾力の元となる
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作る細胞です。
しかし、老化、喫煙、紫外線、ストレスなどにより、
線維芽細胞の機能が低下すると皮膚の再生能力は低くなります。
コラーゲンやエラスチンの低下は皮膚のハリを失うことにつながり、
ヒアルロン酸の低下は水分含有量を低下させます。
それにより、皮膚のハリがなくなり、しわ、たるみという状態に陥ります。

この衰えた状態の皮膚に、ご自身の線維芽細胞を注入することにより若い肌を蘇らせます。
培養のプロセスで若く、活動的な細胞を抽出し、これを注入するので
本来のお肌の持つ能力以上の肌再生が期待できます。
注入した線維芽細胞は永続的にコラーゲン、ヒアルロン酸などを産生するので
効果の持続も3年以上といわれております。


再生医療とPRP注入(ACR治療)との違い

PRP注入も再生医療の一部と考えられておりますが、その効果、作用は全く異なります。
PRP注入は、自己の血小板を真皮に注入し、肌細胞の活性化を促すことを目的としております。
これに比べ、再生医療は、自己の皮膚から肌細胞そのものを増殖、活動的にさせた状態で
真皮に注入します。
つまり、ACR治療は肌細胞を元気にする効果に対し、
再生医療は肌細胞そのものの数を増やすといった医療です。
これにより効果が持続する期間が全く異なるわけです。再生医療は究極の若返りといえます。


治療方法

血液検査後、問題がなければ耳の後ろの皮膚を 4X6mmほど採取します。
同時に培養に使用するための血液を約200cc採取します。この皮膚を細胞培養センター(CPC)にて約10000倍の線維芽細胞へ増殖させます。 4〜8週後、細胞の増殖具合を見ながら注入の時期を決定します。
約1000〜4000万個の活発な細胞のみ抽出し、これを真皮に注入します。治療は約2週間隔で、1〜6回行います。
CELL-GROWTH療法は線維芽細胞と同時にPRP(多血小板血漿)も注入します。


費用

血液検査:¥21,600
培養及び注入費:¥512,000〜3,203,000 (消費税含む)
※セルグロースの詳細は、日本再生医療センター(TEL:052-957-3308)へお問い合わせ下さい。

名古屋市金山のたかみクリニック
ACCESS

名古屋市金山の当院のマップ
■住所
〒460-0022
名古屋市中区金山2丁目1-22
Proceed KANAYAMA2 2F
■最寄り駅
金山駅
■診療時間
10:00-13:00/14:00-19:00